HOME > 活動プログラムのご案内
活動プログラムのご案内

精神科デイケア(ブログ

 こころに病や不安をもった方々が社会や家庭、地域へ復帰することを目的としたリハビリテーションの場で、外来患者様が対象です。集団生活を通して協調性を養い、対人交流や生活リズムの改善を目指します。

 こんな悩みをもった方々が利用しています

 ・退院したけどすぐ働く自信がない
 ・家に閉じこもりがちで生活が不規則になりがち
 ・同じ心に病や悩みをもつ人と話しあいたい
 ・人付き合いが上手に出来ない
 ・社会で暮らすための体力をつけたい

 目的がわからないという方は?

  通い続けるうちに自分なりの目的を見つけることもできます。
  また、スタッフが相談にのり目的を見つけるお手伝いをさせていただきます。

 ご家族の方々へ

  デイケアは入院中と異なり、家庭が生活の基盤となるため、ご家族の理解が大切です。
  これからの生活をより良いものとすべく、ご家族の皆様とスタッフの繋がりを大切にしつつ、
  デイケアに通われる方を中心に共に考えていきましょう。


 グループ紹介

  精神科デイケアを利用するにあたり、以下のグループよりお選びいただきます。 拡大画像


 プログラム例

  活動時間 月~土 9:00~15:00(土は休みの場合あり)
プログラム例1


 年間行事

  バスレク、全国バレーボール県予選会、バーベキュー、クリスマスパーティー、忘年会、
  七夕カラオケ大会、 山形県精神科デイケア交流会、病院祭、茶道・・・

 利用料金

  各種医療保険が適応となります。スタッフまでご相談ください。
  ※昼食も含まれます。

 ご利用にあたり準備していただくもの

  昼薬、コップ、運動靴(運動プログラム参加の方)                 
  内履き(活動中、履き替えたい方)

 申し込み方法

  当院外来受診時に主治医へご相談されるか、またはデイケアスタッフへご相談下さい。
  見学や体験利用も受け付けております。

リワークデイケア

 心の病気の治療のために休職されている方や求職している方を対象とした復職支援専門のプログラムです。病状が安定したから、すぐ復職できると思っている方が多いと思います。しかし、病状改善=復職ということではないのです。
 リワークプログラムでは、復職して「仕事」ができるレベルまで回復することを目指しています。
心の病気への知識を深め、自分なりの対処方法を取得し、再発予防にも役立つプログラムを揃えております。

 対象となる方

 ・うつ病の治療のために現在休職中、または求職中で、復職を目指している方
 ・当院の外来に通院されている方
  (他医療機関通院中の方は、主治医とご相談の上、紹介状をお持ちください)
 ・リワークプログラムへの参加について主治医の許可がある方
 ※うつ病リワークプログラムを行うため、うつ病の方が対象となります。病状で対象になるか等、当院
   主治医、スタッフまでお問い合わせ下さい。

 リワークプログラムの目的

 ・朝、定刻に参加する事で復職に必要な体力の回復や疲れやすさの改善を目指し、生活リズムを整
   えます。
 ・持続力や集中力を高め、作業能力の回復を目指します。
 ・対人関係能力の習得を行い、職場で必要なコミュニケーション能力を身に付けます。
 ・疾病教育を通して、自己管理能力や自分にあった再発予防の方法を学びます。

 プログラム例

  活動時間 月~金 9:00~15:00
リワーク  

 費用について

  各種医療保険が適応となります。スタッフにご相談下さい。
  昼食は病院ででますが、自分でお弁当を用意する事も出来ます。(利用料は変わりません)

 ご利用にあたり準備していただくもの

  昼薬、運動靴、昼食(持参の方のみ)

 申し込み方法

  当院外来受診時に主治医へご相談されるか、またはデイケアスタッフへご相談下さい。
  また、他医療機関にご通院されている方は主治医にご相談の上、紹介状をご持参下さい。

作業療法室のご案内

 精神科作業療法とは?

 精神科治療の一環で、様々な精神疾患により、日常生活上の支障や問題を抱えている方々が、個別 または集団での活動を通じて、「こころ」と「からだ」の機能を回復をすることを目指し、その人らしい
 健康的な生活が送れるようにするリハビリテーションです。

 精神科作業療法を利用するには?

 主治医からの指示箋が必要となります。その後、作業療法室スタッフと面接を実施し、悩みや不安に 思っていることなどを共有し、その内容に応じて自分の目標を決定します。目標に合った活動を選択で
 き、予定表に沿って活動に参加します。

 精神科作業療法の目的とは?

①症状安定に向けての援助
 ・作業活動を通じて趣味を広げ、気分転換を図るとともに、情動の不安定さや思考、行動のまとまりの
  なさを調整します。
 ・身体を動かす活動を通して、生活リズムを整えます。
 ・自分を表現したり、自分に出来ることを確認し、自分らしく過ごせるようにします。
②対人関係への援助
 ・グループ活動を通して様々な人と触れ合い、他の人とより良く交流していける体験の機会を
  増やします。
 ・ 自分自身を見つめ振り返り、相手のことを考えられるようになった体験や発見を、日常生活に繋げ
   ていきます。
③日常生活、社会生活への援助
 ・ 不規則になりがちな生活上の問題の原因を考えてその改善図り、新たな生活技術を獲得し、
   より良い社会生活を送れるようにします。

 精神科作業療法の活動プログラムのご紹介

 ①運動プログラム
   ・軽スポーツ ・散歩 ・運動レク ・いきいきサロンなど
 ②作業プログラム
   ・手芸 ・創作 ・茶道 ・クッキング ・しゃべりは ・各趣味活動など
 ③音楽系プログラム
   ・コーラス ・うたりは ・カラオケなど
 ④アルコールリハビリテーションプログラム
   ・軽スポーツ ・フィールドワーク ・技術(陶芸、木工) ・ミーティングなど
 ⑤ストレスケアリハビリテーションプログラム
    ・オフィスワーク ・軽スポーツ ・フィールドワーク ・創作など
活動の様子

集団精神療法

 当院ではアルコールの問題を抱えている方を対象とした2つのグループがあります。10人前後のメンバーと精神科医、臨床心理士で構成されています。
参加することで、知識を得るだけでなく、他者と共に取り組むことによって、共感性や内面的な気づきが促され、その方々が抱える問題に向き合うための自己理解が
深められていきます。


・SSA(酒田山容アルコール勉強会):月2回実施

 アルコールの問題を抱えている方とその家族が対象です。
 アルコールに関する勉強をしたり、お互いの悩みや経験を話すことで問題の解決を目指したりします
 案内はこちらです。

・CST(再飲酒予防トレーニング):週1回実施

 断酒を目的とした方が対象です。
 自分の飲酒につながる思考・行動パターンを見つけ出し、断酒を続けていくために必要な対処法を
 考え、身につけていくことを目指します
 案内はこちらです。

・費用について

 保険の種別等により異なります。予約時にお問い合わせ下さい。